モノクロナール抗体の糖鎖修飾構造に関するリファレンス・スタンダード:NISTmAb

Global Biologics, Science Division, United States Pharmacopeia, Rockville, MD 20852, USA から詳細な糖鎖修飾情報が付加されたモノクロナール抗体のリファレンス・スタンダード(RS)が公開されています。
https://www.mdpi.com/1424-8247/15/3/315

詳細な糖鎖修飾情報を備えたモノクローナル抗体リファレンス・スタンダードが、NIST Reference Material 8671、NISTmAbとして、米国国立標準技術研究所から入手できます。
米国薬局方(USP)は、糖鎖修飾の特性評価手順が正確な結果を提供するかどうかを示すためのコントロール材料として使用できる3つのモノクローナル抗体リファレンス・スタンダード(USP mAb 001 RS、USP mAb 002 RS、およびUSP mAb 003 RS)を開発しました。
USP mAbリファレンス・スタンダードは、同じIgG type 1サブクラスの異なるタンパク質ですが、広範囲の糖鎖修飾構造を調べるのに十分な根拠を提供します。糖鎖修飾の特性評価は、通常、タンパク質骨格から切り出された糖鎖の解析によって行われます。


糖鎖構造の記号の意味は、例えば下記のようです、
F(6)A2: core fucosylated biantennary、
F(6)A2B: core fucosylated biantennary with bisecting GlcNAc、
M5: five mannose on core GlcNAc、
F(6)A1G(4)1: core fucosylated monoantennary with β1-4 linked Galactose、
A2[6]G(4)1: biantennary with β1-4 linked Galactose attached to α1-6 linked core mannose、
F(6)A2[6]G(4)1: core fucosylated biantennary with β1-4 linked Galactose attached to α1-6 linked core mannose、
F(6)A2[3]G(4)1: core fucosylated biantennary with β1-4 linked Galactose attached to α1-3 linked core mannose、
F(6)A2[6]G(4)1Ga1: fucosylated bianntennary with a β1,4-linked galactose directly attached to the α1,6-linked core mannose, and an α1,3-linked galactose attached to the β1,4-linked galactose
F(6)A2G(4)2: equal to G2F、