バチルス菌のバイオフィルム形成能力が植物病原菌を押さえるには非常に大切

College of Food Science and Light Industry, Nanjing Tech University, Nanjing, Chinaのグループは、バチルス菌のバイオフィルム形成がバチルス菌の根圏におけるコロニー形成を促し、植物病原菌に対する生物的防除を高めると報告しています。 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fmicb.2022.972393/full バチルス菌は植物病原体に対する生物防除剤として使用され、それらのほとんどは細胞外高分子物質のひとつとしてポリ-γ-グルタミン酸 (γ-PGA) を生成することができます。 本研究では、バチルス・アストロファーガス NX-12 (γ-PGA 収量: 16.8 g/l) と、その γ-PGA 合成遺伝子をノックアウトした株 NX-12Δpgs を抗真菌能の観点から比較しています。 予想外にも、γ-PGA 合成酵素欠損株 NX-12Δpgs (γ-PGA 収量: 1.65 g/l) の抗真菌能力は in vitro で改善されましたが、NX-12Δpg […]

続きを読む

バチルス・チューリンゲンシスから抽出したレクチン毒素のタンパク質構造

Institute of Plant Protection, Chinese Academy of Agricultural Sciences, Beijing, Chinaらのグループは、バチルス・チューリンゲンシスから抽出したタンパク質、Cry78Aa、の結晶構造について報告しています。 https://www.nature.com/articles/s42003-022-03754-6 バチルス・チューリンゲンシス、およびその殺虫性タンパク質を発現する遺伝子組み換え植物を使用した生物学的防除方法は、一部の害虫に対して効果的かつ経済的であることが証明されています。Cry78Aaは、イネウンカを効果的に殺すバチルス・チューリンゲンシス C9F1 株から同定された新規タンパク質であり、ヒメトビウンカ および トビイロウンカに対する中央致死濃度 (LC50) 値は、それぞれ 6.89 および 15.78 μg/mLです。Cry78Aaのこういった殺虫効果の活性は、in vitro の活性化や追加操作を必要としないため、フィールド試験への適用に非常に便利とされています。 この論文では、Cr […]

続きを読む

進行性子宮内膜症の診断にIgGのO-型糖鎖修飾がマーカーとなり得る

Division of Laboratory Diagnostics, Faculty of Pharmacy, Wroclaw Medical University, Polandらのグループは、血清 IgG3のO-型糖鎖修飾のの変化は、進行性子宮内膜症における炎症マーカーとなり得ると報告しています。 https://www.mdpi.com/1422-0067/23/15/8087/htm 構造的に、ヒトIgG のN-型糖鎖修飾は通常、二分岐複合型です。 もうひとつのN-型糖鎖修飾部位は、VH と VL (それぞれ可変領域の重鎖と軽鎖) にあり、すべての血清IgG の15 ~ 25% で観察されています。 IgG Fab 領域に糖鎖が存在すると、抗体の安定性が高まり、抗原結合が調節される可能性があります。 IgG3 では、Fab および Fc 領域に存在する N-型糖鎖とは別に、ヒンジ領域に O-型糖鎖の存在も観察されます。 血清中には、IgG3 ポリクローナル抗体の約 10%、IgG3 モノクローナル抗体の約 13% が O-型糖鎖修飾を含むと考えられています。各 IgG3 分子 […]

続きを読む

ストラチフィン(SFN)とプレセプシン(P-SEP)がCOVID-19の重症化の早期予測マーカーとなる

国立医薬品食品衛生研究所 医療安全科学部門らのグループは、血中のストラチフィン(SFN)とプレセプシン(P-SEP)が、COVID-19の重症化の早期予測マーカーとして使用できると報告しています。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9188980/ COVID-19 は、無症状から 急性呼吸窮迫症候群まで、幅広い症状を呈する感染症による呼吸器疾患です。重度または危機的な段階に至った急性呼吸窮迫症候群によって引き起こされる予後は不良です。従って、COVID-19 の重症例の早期発見が非常に重要です。 本研究では、肺損傷の5つのバイオマーカー、SP-D、KL-6、P-SEP、KAL、および SFN が分析されました。これらはすべて、血清サンプルで急性呼吸窮迫症候群またはその典型的な組織学的パターンである「びまん性肺胞損傷」に関連していることが示唆されています。 軽度または中等度の症状の患者と比較して、重度のCOVID-19 患者では、重度の COVID-19 のバイオマーカーとして提案されている P-SEP と同様に、血清 SFN が […]

続きを読む

SARS-CoV-2の宿主感染防御機構としての気道ムチンの存在

Division of Infectious Diseases and Vaccinology, School of Public Health, University of California, Berkeley, CA, USAらのグループは、SARS-CoV-2感染に対する主要な抗ウイルス経路について報告しています。 https://www.nature.com/articles/s41588-022-01131-x 最近の機能喪失 (LOF) スクリーニング法を、SARS-CoV-2感染における宿主因子要件の探索に使用しました。この研究では、非上皮細胞株または内因的にACE2およびTMPRSS2を発現しない細胞株のいずれかで、宿主遺伝子ノックアウトアプローチが採用されます。このLOF スクリーニングは、プロウイルス遺伝子の同定には強力です。一方で、機能獲得 (GOF) スクリーニングを用いれば、アップレギュレーション時にウイルス制限を媒介する抗ウイルス因子を同定できます。従って、双方向の方法でスクリーニングを実行すると、バイモーダルな役割を持つ宿主経路を明らかにすることが出来 […]

続きを読む

チョレイマイタケの菌根から取得した植物成長促進細菌の効果について

School of Pharmaceutical Sciences, Peking University, Beijing, Chinaらのグループは、チョレイマイタケ から分離された菌根細菌に関して報告しています。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9340266/ 真菌性病原体は、フサリウム萎凋病などの一連の深刻な植物病害を引き起こし、農業生態系におけるほとんどの病害の原因となっています。 これらの病気に対処するためには、主に二つの方法があります。 (1)病気に強い植物を開発すること、そして (2)化学的な殺菌剤を使用して病原体の拡散を制御すること、であります。 しかし、これらの二つの方法には、長い開発期間を要するという問題と、病原体がやがては薬剤耐性を持つようになるといった欠点があります。従って、植物病原性真菌病に対処するための実用的かつ持続可能な戦略というのは、生物学的防除剤の開発と適用であろうと考えられます。 このような観点で、従来より、植物や菌類から幾つかの細菌が分離されており、そのほとんどはバチルス属とシュードモナス […]

続きを読む

緑茶のカテキン(没食子酸エピガロカテキン)がコロナウイルスの付着を阻害する

Department of Biomedical and Molecular Sciences, Queen’s University, Canadaのグループは、緑茶カテキン、エピガロカテキンガレート(EGCG)は、コロナウイルス一般(CoVs)に対する付着阻害剤である可能性があると報告しています https://www.nature.com/articles/s41598-022-17088-0 本研究においては、ヒトの季節性および高病原性コロナウイルスの侵入に対するEGCGの阻害活性が評価され、その特徴付けが行われています。ここにおいて、EGCGが、広範囲のコロナウイルスが生理学的に関連するヒト肺上皮細胞へのコロナウイルスの侵入を阻害することが実証されました。更に、EGCGは、複数のヒトコロナウイルスの細胞表面への結合を阻害し、この天然産物が、細胞表面ヘパラン硫酸への一次付着など、コロナウイルスの付着という高度に保存されたステップを阻害することを示唆しています。 SARS-CoV-2に焦点を当てると、EGCGは、ヘパラン硫酸の構造類似体であるヘパリンへのウイルス付着を競合的に阻害 […]

続きを読む

ワイルドライス(イネ科マコモ属の植物)の根圏から抽出した植物成長促進細菌について

Northeast Institute of Geography and Agroecology, Chinese Academy of Sciences, Chinaらのグループは、ワイルドライス(イネ科マコモ属の植物)の根圏から抽出した植物成長促進細菌について報告しています。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9324538/ お米は世界の食用作物において重要な位置を占めており、人口の約 50% がお米を主食として生活しています。ワイルドライスは、栽培イネにとって重要な改良資源であり、生物的および非生物的ストレスに対する抵抗性の独特の能力は、多くの学者の注目を集めています。 ワイルドライスの根圏からスクリーニングした細菌株の機能を調べた結果、イネいもち病に対して良好な抑制効果を示す細菌株が18株、リン可溶性、カリウム可溶性、窒素固定能を有する細菌株が33株見つかりました。鉢植え実験では、499G2 (Peribacillus simplex)、499G3 (Bacillus velezensis)、および 499G4 (Nac […]

続きを読む

コーヒーの葉からの抽出物がSARS-CoV-2に対する優れた感染阻害剤となる

Graduate Institute of Biomedical Sciences, China Medical University, Taichung, Taiwanらのグループは、コーヒーの葉からの抽出物は、SARS-CoV-2の5つの変異株(アルファ、ベータ、ガンマ、デルタ、およびオミクロン株)が宿主細胞に侵入するのを効果的に抑制したと報告しています。 https://www.ijbs.com/v18p4677.htm 下図のように、100μg/mlのコーヒーの葉からの抽出物は、5つの変異株(アルファ、ベータ、ガンマ、デルタ、およびオミクロン株)から作られた偽ウイルスSARS-CoV-2の感染に対して有意な抑制効果を示しました。 コーヒーの葉の抽出物中には、カフェイン、CGA、キナ酸、マンギフェリンを含む4つの主要な化合物が同定されました。 ACE2 TR-FRETアッセイを使用して、スパイク-ACE2相互作用の阻害効果を評価したところ、4つの主要な化合物にを用いた処理がSpike-ACE2の活性を阻害する可能性があることが実証されました。化合物の性質上、マンギフェリンとCGA […]

続きを読む

マウスの N-アセチルグルコサミン糖転移酵素-IVa(murine GnT-IVa)のC-末端領域にレクチンドメインを発見した

大阪大学微生物病研究所らのグループは、マウスのN-アセチルグルコサミン糖転移酵素-IVa(MGAT4A: GnT-IVa)のC-末端領域にレクチンドメインを発見したと報告しています。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9296478/ N‐型糖鎖におけるGlcNAc分岐の生合成は、特定のN-アセチルグルコサミン糖転移酵素(GnT)、GnT-Iから-Vによって触媒されます。 著者らは、N-アセチルグルコサミン糖転移酵素-IVaに存在するレクチンドメインが、3つの短いα-ヘリックスを持つ9つのβ-ストランドで構成されるβ-サンドイッチフォールド構造を形成していることを発見しました。このドメインは、GlcNAcに特異的に結合するレクチンとして機能する細菌CBM32にみられるそれと構造的および機能的に類似しています。 更に、GnT-IVaに存在するこのレクチンドメインは、細胞内の糖タンパク質基質への効率的なN‐型糖鎖の生合成に必要であることが分かりました。

続きを読む